ヴァン・ライジンが1981年に提案した経済心理学モデル

経済心理学




ヴァン・ライジンの経済心理学モデル
この図ヴァン・ライジンが1981年に提案した経済心理学モデルである。ボックス間の矢印は研究対象とすべき相互作用を示す。

それぞれのボックスに間に含まれる変数の関係。

 人は経済の現実をどう知覚するか。
 行動に関する知覚、選好および態度。
 消費者の満足と苦情。
 財貨サービスの需要と供給。
 製品、サービスの企画と開発。参加者満足と体験に基づく計画。
 満足度が市場及び製品に対する顧客の期待をどう変化させるか。
 現実の経済に関する知覚と特徴づけに及ぼす人格、認知の様式、ライフスタイルの効果。
 経済行動に対する環境状況の影響。
 消費、経済満足度と福祉との対応関係。
 社会的不満と個人の福祉との対応関係。



ナビゲーション